PCMAX(ピシマ)で返信が来るファーストメールの書き方を解説

新しい出会い期待してサイト登録をしてみたものの「女性からメッセージが来ない」、「メッセージ送ったけど返信がない」女性からの反応が薄すぎて困っていませんか?

女性ユーザーの反応の薄さの原因は、もしかしたら「ファーストメール」に問題があるかもしれません。

実は女性ユーザーの多くが「最初のきっかけは男性ユーザーからの魅力的なメッセージ」を待っているんです。

女性が返信をするか否かを判断するのは、プロフの充実度が重要なのは言うまでもありませんが、ファーストメールを送る内容とタイミングも非常に重要です。

この記事では、女性から返信がもらいやすくなるファーストメールの書き方のコツについて解説します。

この記事を読み終わるころには、女性に送っていたメッセージがこれまでとは打って変わって、多くの返信をもらえるまでに劇的な改善が望めるかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事を書いた人
  • 出会い系歴16年
  • 主な使用サイト⇒ピシマ、ワクメ、ハピメなど
  • 主な攻略対象⇒アラサー以上の人妻、OL、職員
  • 2020年の成果:9人/15人(ヤレた/出会った)
  • 2021年の成果:19人/27人(ヤレた/出会った)

筆者の詳しい情報⇒     

- 目次 -

PCMAX(ピシマ)のファーストメール攻略法1|3つの基本を押さえてメールを送る

PCMAXで女性と出会うためにファーストメールの内容でほぼ決まると言っても過言ではありません。

PCMAXに限らず、出会い系サイトにおいて何に苦労するかといえば、メッセージを送っていかに女性から返信をもらうかに集約されます。

女性側も日々、多くの男性からアプローチメッセージをもらっています。

その中で、あなたのメッセージを読んでもらうためには、ほかの男性ユーザーよりも目立つ必要があります。

ファーストメールで意識する項目は以下の通りです。

☝ 読みたい項目をクリックすると目的の項目にジャンプします。☝

ファーストメールに対して返信が無ければその女性とは今後出会うことは不可能です。つまり、「ファーストメールを制する者が出会い系サイトを制する」と言っても過言ではありません。

逆にこのファーストメールでほかのライバルに差をつければ、あなたは非常に優位な立場で女性とやりとりを進められます。

以下の項目でそれぞれ解説していきます。

⇒攻略法1の先頭に戻る

自己紹介する|安心感を与える自己開示

ファーストメールには、かならず自己紹介を盛り込んでください。

なぜなら、女性側にとって、突然メッセージを送ってきた「あなたが何者なのか」が分からず安心してメッセージのやり取りができないからです。

とはいえ、就活ではないので、以下のような自己紹介は絶対にNGです。

〇〇さん、はじめまして。
私は□□と申します。僕は金融機関に勤めています。

取得資格は行政書士、FP2級、宅建。

昨年は営業マン100人の中でトップの成績を残し順風満帆そのものです。

仲良くなりたいので、ぜひメッセージしましょう。

過去に出会った女性から、「ほかの人はこんなメッセージ送ってくるんだよ」と見せてもらったことがあります。

自慢めいた内容で鼻についたから、返信せずスルーしたというメッセージ内容が上記の内容です。

逆にどんな自己紹介が良いかというと、主に以下の3点を盛り込むと好感度が向上します。

  • 書き出しは女性の名前を書く
  • 安心感を与えるくだけすぎない文体
  • 男性側の人物像を想像させる内容
  • ポジティブな感情移入ができる内容

狙う女性によって書く内容は異なりますが、彼女探しや友達作りの場合、「仕事を楽しんでいる」、「ちょっとしたミスや自虐ネタ」を書くことで評価が上がります。

女性は、異性と意識している男性がポジティブに仕事をしている様子は、好印象を抱くことが多いためです。

以下に5分で考えた自己紹介の文例を挙げます。

○○さん、初めまして、突然のメッセージで驚かせてごめんなさい。

船橋に住んでいる住宅営業マンの□□と言います。

先日、うちの営業所が最優秀賞をとったのでそのご褒美に熱海温泉に行ってきました。

旅行好きなんですが、実はベタなところは行ったことがなかったんです。

初めての熱海温泉は、露天風呂から見える景色がもう最高で、「ベタなところも悪くないな」って思いました(笑)

○○さんも旅行が趣味ってプロフに書いてありましたが、普段はどんなところに行ったりするんですか?

仲良くなりたいので、メッセージいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

上記の例文は、20代~30代くらいの会社員を対象に作成しました。

ポイントは、「売上高1位」とか生々しい表現は避けて、優秀賞とやんわりした表現に変えたのと、住んでいる地域と仕事をサラッと開示しつつ、自分の趣味と実体験をイメージがわくように作成したところです。

自己PR文ではないので、誰に似ているとかそういった込み入った内容は(書いてもいいけど)省きました。

実体験や趣味をポジティブに書いたり、書き出しを女性の名前にする点などは、採用しているユーザーが少ないので、差別化ポイントとして取り入れると有利になります。

⇒攻略法1の先頭に戻る

褒めポイントを添える|相手のプロフ、投稿内容をしっかり読み込む

やってしまいがちな失敗パターンとして、テンプレを複数の女性に送ってしまうことです。

似たタイプの女性であればそこまで悪印象になりませんが、相手の名前すら入れずにテンプレを送っている男性ユーザーも多いので、絶対に避けましょう。

テンプレを送って失敗するパターンは、以下の通りです。

初めまして、プロフ見ました。

船橋に住んでいる住宅営業マンの□□と言います。

先日、彼女と別れてしまって、でも一人はちょっと、、、と思い、サイト登録しました。

休日は、××をして過ごすことが多いです。

普段は、夜遅くなりがちなので、これぐらいの時間だと即レスで返事返せます。

仲良くなりたいので、メッセージいただけると嬉しいです。

上記の例文は、相手の名前も入っていないし、自分語りしかしていないのが分かりますね。

こういったメッセージは、女性側も「ああ、大勢に送ってるんだろうな」と見抜かれてしまい、スルーされてしまいます。

実際にTwitterの口コミ・評判を見てみても、プロフィールや投稿内容をよく読まずにメッセージしてくる男は、敬遠されがちです。

掲示板からメッセージを送る場合、投稿内容をしっかりと確認しましょう。

プロフィールからメッセージを送る場合、プロフ内容に触れましょう。

基本的に内容を読んだ上でメッセージを送っていることが分かることがベストです。

内容を確認していることを明らかにする褒めポイントを添えると女性側も「ちゃんと読んでくれてるんだ」と高評価となり、メッセージの内容が伴っていれば、高確率で返信が来ます。

主な褒めポイントは以下の通りです。

  • 肌に透明感があって素敵ですね。
  • 髪がつるつるで素敵ですね。
  • きれいなネイルが素敵ですね。
  • 〇〇が趣味って素敵ですね。
  • ○○が趣味の人って素敵です。

相手の年齢や内容によっては触れてほくない場合もあるので、棒読みにならない工夫が必要です。

極端な表現になりますが、女性はいつでも「キレイ」、「かわいい」と言われたい生き物です。

〇〇してる私ってかわいい。私の○○なとこが素敵だよね。といった具合に。

仮に「明日以降に会える人いたら♪」という投稿にメッセージを送るなら、以下のような内容が望ましいです。

○○さん、初めまして!

掲示板を見ましたが、明日以降に会える人を探しているんですね♪

僕は、仕事が土日休みなので、土日は○○さんの都合の良い時間でいつでも会えますよ♪

自己紹介が遅くなりました……(自己紹介に続く)

このような形でメールを送ることによって、「ちゃんと内容を見てくれてる人だな」と思ってもらえるのです。

前述の「自己紹介をする」ことも内容に含めることで、相手の「安心感」を引き出すことにもなります。

出会いたい一心で相手のことが見えなくなっていると見落としがちな部分なので、紳士的に女性をエスコートするつもりでメッセージを送ることを心掛けると良いでしょう。

⇒攻略法1の先頭に戻る

質問を盛り込む|答えやすい質問を盛り込むと返信確率アップ

女性ユーザーは、答えやすい質問が書いてあるメッセージへは、返信のハードルが下がります。

なぜなら、返信の内容をわざわざ考えなくても、質問にただ答えるだけで良いからです。

しかし、質問にもさまざまなものがあるので、以下のような質問は避けましょう。

  • 休みの日はなにしてるの?
  • どんな人がタイプなの?
  • ほかに何人ぐらいとやりとりしてるの?

上記の質問は「オープン・クエスチョン」といい、「回答の幅が広い質問」です。

反対に「はい」か「いいえ」で答えられる質問を「クローズド・クエスチョン」といい、あまり仲が深くなっていない場合、「回答の幅が広い質問」をしてしまうと「どう答えていいのやら……」と後回しにされてしまうことが間々あります。

参考:クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンの違いは?どう使い分ける?

クローズドクエスチョンにもデメリットがあります。それは、多用しすぎると相手側が誘導尋問を受けている気持ちになり、良好な関係が築くことが難しくなってしまいます。

「じゃあ、どう質問すればいいんだよ!」って思う方もいると思いますので、ファーストメールの場合、以下のような質問が望ましいです。

  • いつ空いてる?⇒〇日はどうですか?
  • どこで待ち合わせ?⇒分かりやすい場所だとどこがありますか?
  • 音楽は何を聴いてる?⇒どんなジャンルの音楽を聴きますか?
  • 旅行はどこに行きましたか?⇒最近はどこに行きましたか?
  • いつ寝てますか?⇒最近寝るのは遅めですか?

時間軸や固有名詞、カテゴリーなどを駆使して答えやすい質問に変換しよう

セカンドメール以降の場合は、多少漠然とした質問でも意思疎通ができているので答えてくれますが、初見の場合は、「面倒くさいやつ」とみなされ、スルーされてしまうこともあります。

答えやすい質問をするには、自分の情報を先に伝えた上で「YES」か「NO」で返事できる内容を意識してください。

できる人は自分で「答えにくいか」、「答えやすいか」、突っ込みを入れてみると良いです。

「どう質問したら答えやすいか」を考え、答えにくい質問から答えやすい質問に変換していくことが必要です。

「女性を気遣う」ことが自然にできる男性ならそこまで苦労しませんが、筆者のようにコミュ障だったり、非モテの陰キャの場合、こういった小さなことからコツコツと地道な努力をしていく必要があります。

安心してください。僕にもできたので、あなたにも必ずできますよ!

⇒攻略法1の先頭に戻る

PCMAX(ピシマ)のファーストメール攻略法2|メール送信時間を考慮する

これまでの項目でファーストメールに記載する内容について解説してきました。

ですが、抜群の内容を作成してもこれメールを送るタイミングを誤るとほかの男性のメールに埋もれ、思うように成果が上がりません。

ファーストメールを送るタイミングは、内容と同じくらい重要です。

なぜなら、サイトに登録した女性は、プロフや投稿もろくに見ずに送られてくるたくさんのメールにうんざりしています。

送るタイミングは、基本的に相手の女性が落ち着いてスマホを見ている時間帯がベストです。

具体的には、平日、休日ともに17時台から23時台に送ると良いでしょう。

さらに言えば、職業や生活スタイルによって最適な時間は異なるので、コアタイムは21時~23時台がもっとも外しにくい時間帯と言えます。

総務省管轄の情報通信政策研究所が行った「情報通信メディアの時間と情報行動に関する調査」によるとインターネット利用は、平日と休日ともに時間帯別の利用率に開きがあります。

スクロールできます
時間帯2020年平日
(コロナ後)
2020年休日
(コロナ後)
2019年平日
(コロナ前)
2019年休日
(コロナ前)
15時台21%25%17%25%
16時台21%23%16%23%
17時台24%28%21%22%
18時台25%26%21%22%
19時台27%26%23%23%
20時台31%35%28%31%
21時台39%39%32%32%
22時台38%35%30%29%
23時台27%25%22%19%
24時台12%12%10%9%
1時台4%5%2%5%
調査データを一部抜粋

コロナ前後では、全体的な利用率の増加が見られますが、特に平日、休日ともに17時以降~23時台まで多くの人がインターネットを利用していることが分かります。

参考:総務省「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

ちなみに共働きを除く人妻の場合は、家事や子供の世話などでこの時間帯にはあまりログインしていません。

もし人妻を狙いたいのであれば平日の午前中~昼間に送るのがもっとも効率が良いでしょう。

曜日についての統計はありませんが、PCMAXの投稿頻度や投稿量の経過から判断すると、月曜日がもっとも少なく、水曜日以降から徐々に増え、金曜日・土曜日にピークを迎えています。

週半ばころから週末や休日に会える相手を探している様子がうかがえます。

前述の時間帯と併せて、お目当ての女性を攻略するための目安としてご活用ください。

⇒攻略法2の先頭に戻る

PCMAX(ピシマ)のファーストメール攻略法3|プロフ写真を整える

これまでの項目でファーストメールの内容と送る時間帯について解説してきました。

お目当ての女性から返信をもらう上で、1つ非常に重要なポイントがあります。それはプロフ写真です。

プロフィール作成方法の記事でもプロフ写真の重要性は解説してきましたが、ファーストメールの返信をもらう上でもとても重要な要素です。

なぜなら、メール一覧を開き、写真が未設定のプロフィールからのメールは絶対返信しないと考えている女性がほとんどです。

仮にプロフ写真を設定していても、パッと見で目に入った小さなアイコン写真が「好みじゃない」、「清潔感がない」、「生理的に無理」と判断されてしまうと、その時点でもアウトです。

ファーストメールを送り、女性から返信をもらう上で写真が重要なことをきちんと把握した上で、魅力的に映った1枚をメインの写真に設定しておきましょう。

イケメン限定ですが、ぶっちゃけ写真さえよければ、「こんばんは!」の一言だけで返信が来ることもあります

以下に女性のウケが悪い写真の例は以下の通りです。

  • 真顔やどや顔
  • 顔のドアップ
  • トイレや浴室で撮った写真
  • 散らかった部屋で撮った写真
  • いかがわしいものや場所が写った写真
  • プリクラ写真の使いまわし
  • 自撮りをSNOWで加工

女性も利用しているSNOWを男性が使用するのは「キモい」と思われ、不評の嵐でした。

イケメンでなくても清潔感のある自然な笑顔の男性は、女性からの評価も上々です。

自撮り写真の撮り方については、下記のサイトの記事を参考にすると良いでしょう。

参考⇒婚活写真を自撮りはOK?自撮りのコツや注意点を解説します

とはいえ、プロフ写真だけ整えても、プロフィールそのものがほとんど未記入だとあまり印象はよろしくありません。

ファーストメールの内容や送るタイミングが作りこめたら、プロフ内容も見直してみると良いでしょう。

少しでも女性ウケの良いプロフや写真の作りこみ方に興味のある方は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【反応率5倍】PCMAX(ピシマ)で女性からウケるプロフ作成方法

⇒攻略法2の先頭に戻る

PCMAX(ピシマ)のファーストメール攻略法:補足|壁を乗り越えたらまた壁がある

これまでの項目でファーストメールの内容や送るタイミング、プロフ写真について解説してきました。

「返信が来たけど、このあとどうすれば・・・?」といった疑問にお答えします。

セカンドメール以降は、女性とやり取りを重ねていき、以下のようなステップを踏むと良いでしょう。

PCMAXでメッセージを送るには、5ポイント(50円分)必要です。メッセージを送る度に5ポイント必要なので、やり取りの回数が増えれば増えるほどお金がかさんでしまうのです。

よほど経済的に恵まれた男性は別として、ほとんどの男性ユーザーは、「なるべく節約して出会いたい」と思っているので、早めにLINEやカカオトークの交換を目指しましょう。

オーソドックスなパターン

  1. 1通目:自己紹介やアプローチ
  2. 2~5通目:趣味や共通の話題作り
  3. 6~10通目:デートの約束やライン交換
  4. LINEにて:デート当日までフォロー

やり取り開始から半月程度で会う場合を想定

節約&省エネパターン

  1. 1通目:自己紹介やアプローチ
  2. 2~3通目:相手のニーズの確認
  3. ~5通目:デートの約束やライン交換
  4. LINEにて:デートまでフォロー

即日または数日で会う場合を想定

基本的には、相手のメッセージにはテンポよく即レスで行きたいところ。

鉄は熱いうちに打てとあるように「この人イイな」から「会ってもイイかな」と気持ちが冷めないうちに早々とLINEやカカオトークの交換を済ませてしまいましょう。

⇒攻略法補足の先頭に戻る

LINE交換方法1|ストレートに交換したい旨を伝える

業者やキャッシュバッカーの場合を除きある程度仲が深まったらどんな言い方でもLINE交換してくれます。

LINE交換をお願いする場合、「カチッサー効果」を期待して、もっともらしい理由付けをしてお願いすると高確率で交換することができます。

参考:カチッサー効果とは

以下のような内容でLINE交換を依頼すると良いでしょう。

  • 〇〇さんともっと話したいからLINE交換してもいいですか?
  • 会う前に実際に話してみたいからLINE交換してもいいですか?
  • 仕事関係もあるので、カカオトークを交換してもいいですか?

※「~しましょう」や「~しませんか」の場合、女性が身構えてしまう恐れがあります。

交換する前提で押しつけがましくない表現の方がスムーズに交換することができます。

「断られたらどうしよう」と不安に思う気持ちはありますが、女性側に「○○するから仕方ないか」といいわけを用意してからストレートに伝えると思いのほかすんなりと教えてくれます。

案ずるより産むが易し、考えても1ミリたりとも進展しないので、とにかく伝えてしまいましょう。

もし、「会うまでLINE交換したくない」と言われた場合、2つの選択肢があります。

  1. きっぱりとあきらめる
  2. 交換してくれるまでやりとりを続ける

初心者のうちは「努力を無駄にしたくない」と思い、2を選んでズルズルとやりとりを続けることが多いでしょう。

でもそれって、業者やキャッシュバッカーの手口なんです。

かくいう私も出会えていなかった時期は、「もったいない」気持ちでズルズルとやりとりを続けていました。

結局、その女性とは出会うことなく数万円分のポイントを消費させられただけでした。

絶対に100%、業者だとは言い切れませんがメールのやりとりをして、LINE交換を断られた場合、「縁がなかった」とすっぱりあきらめた方が精神的にもコスト的にも失うものは最小限で済みます。

⇒攻略法補足の先頭に戻る

LINE交換方法2|先にデートの約束をとりつける

女性ユーザーの中には「会うまでLINE交換したくない」、「会ったときに交換したい」と考える方もいます。

出会い系サイトを利用した性犯罪や事件に発展するケースもあるため、特に警戒心が強い女性はSNSの交換を嫌がる傾向にあります。

参考:和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件

女性の中には、「つぶやき」や「日記」などの無料コンテンツ延長上で男性側も無料で利用できるものだと勘違いしている人も少数ながら存在します。

しかし、サイト上でデートまで延々とやり取りしていてはポイントがいくらあっても足りません。

男性側からできることとしては、以下のことが挙げられます。

  • 先にデートの約束を取り付ける
  • デートの約束を盾にお願いする
  • デートまで楽しみは取っておくと極力連絡しない(非推奨)

LINE交換を断れられてしまった場合、「先にデートの約束を取り付ける」ことをおすすめします。

約束をとりつけた後、「ちゃんと合流できるか不安だから一応、交換しておこう」と、なし崩し的に切り出すのがベストです。

デートの約束をOKした女性は、その後にLINEやカカオトークの交換を依頼しても拒む人はほとんどいません。

心理学的に古くから知られている「ドアインザフェイス」と「フットインザドア」というテクニックを使用しています。

参考:【営業用語】行動心理学の基本のキ!ドア・イン・ザ・フェイスとフット・イン・ザ・ドア

「それでも断られるんだけど」という方のために、以下の項目を確認してみましょう。

  • 女性は出会いを目的としているか
  • 出会いの対象に入っているか
  • そもそも業者などではないか

上記の項目を女性に直接聞いてみても良いですし、プロフィール下部にほかの人のレビューがあればそれを参考にしてみると良いでしょう。

出会いを求めてない女性は、「出会いを求めていない旨」をはっきりと教えてくれます

あなたが出会いの対象に入っていない場合は、はぐらかされたりスルーされることがほとんどです。

業者などの場合もはぐらかしたり、別の話題にすり替えたりすることが多く見られます。

逆に大してやりとりをしていないのに女性側からデートを求めてくる場合は、業者の可能性が高いので注意してください。

絶対に100%、業者だとは言い切れませんが前項と同様にできる限りのことをしてもLINE交換を断られた場合、「縁がなかった」とすっぱりあきらめた方が精神的にもコスト的にも失うものは最小限で済みます。

⇒攻略法補足の先頭に戻る

PCMAX(ピシマ)ファーストメール攻略法のまとめ|

今回は、PCMAXのファーストメール攻略法として、「メール内容」、「送信のタイミング」、「プロフ写真」、「その先のLINE交換」について解説してきました。

これまでを振り返り、以下にまとめます。

PCMAXに限らずすべての出会い系サイトでは、ファーストメールに返信がもらえるかどうかが出会いに繋がる非常に重要なポイントです。

特にサイト利用者の多い大手出会い系サイトは、素人女性に扮した業者が多く存在します。

慣れないうちは、素人女性か業者かの区別がつかずに苦い思いをすることもあると思います。

そんなときは、当サイトのほかの記事を参考に出会い系サイトを活用してみると良いでしょう。

ファーストメールのコツを知ったあなたがするべきことは「行動あるのみ」です。

諸兄の健闘を祈ります。また別の記事でお会いしましょう。

あわせて読みたいノウハウ記事

プロフの作成方法⇒女性からウケるプロフの作成ノウハウを公開中

初心者向け検索機能解説⇒基本的な4つの検索機能の使い方を解説

ファーストメールの書き方⇒狙った女性から返信のもらいやすいノウハウを公開

PCMAXの掲示板攻略法⇒16年愛用中の筆者がPCMAX掲示板の攻略ノウハウを公開中

PCMAXの口コミレビュー⇒筆者やほかの人の口コミを多数掲載中

優良出会い系サイトランキング⇒1053人の出会い系サイトユーザーが推奨

- 目次 -
閉じる